RECOMMEND
目に見える議論
目に見える議論 (JUGEMレビュー »)
桑畑 幸博
これはスゴ本!議論においての「何が論点か」が的確なるので議論の終着点までブレなく到達できる!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

sugarstyle blog

謹賀新年
というわけで、明けましておめでとうございます。

PCが無い環境なのでiPhoneからエントリしてますが、長文を打ち込むには心許ないのでほどほどに。

昨年はいろいろと将来にむけて動いていましたが、今年は環境が全くかわってしまうので、引き続き動きのある一年になりそうです。

そんなわけで、今年はやるべきことをことを確実にこなしていければと思います。願くば、iPhoneアプリ開発で充実できればいいですね。

それでは、今年もよろしくおねがいいたします。


| モブログ | 22:54 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
どちらに書こうか迷う
最近、はてなダイアリーの方にばっかりエントリ書いてるなぁ。

一応、僕的にはここがメインブログのつもりなんだけど、なかなかエントリする気がおきない。なんでだろ?


それはともかく、はてなダイアリーの書きやすさは異常。さらっと何か小言をエントリしたいときなんか、バシバシ書ける気がする。ここのブログはロリポブログを使ってて、記事の投稿画面のUIはそんなに悪くないのになんで気がひけるんだろう。


まぁ、引用(下のやつ)とか、
引用文
のようにするためには普通のブログだとblockquoteタグでくくらないといけないから面倒なんだけど、はてなだと半角で「>>」と「<<」でくくってやれば引用文が完成する。これはいわゆるはてな記法というやつで、一旦慣れてしまえばメチャクチャ手軽で簡単なんですね。これに慣れてしまうと、他のブログで手書きでタグを書いたりしてるのが非常に面倒に感じてしまう。つまりは、そういうことなんですかね。
| 日記 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
仕事のやりがいとか
ちょっとここにエントリ書いた。

Aさんは仕事が好き。
Bさんは仕事が嫌い。

一緒に働くとしたらどっち?

Aさんと一緒に働くと、気持ちよく働ける可能性はあるが、長時間労働になる可能性はある。

Bさんと一緒に働くと、気分悪く働かないといけないかもしれない。しかし、やりたくない仕事を断ってくれる可能性がある。しかし、引き受けた仕事を押し付けられる可能性がある。


よって、Bさんと働くメリットは無い。


最近、言葉にできなかったモヤモヤを文章にできた。

仕事の満足度なんてものは、最低限の給与さえあれば、あとは職務内容よりも「どう働くか」というような人間関係やら取り組む気持ちやらの方が重要だと再認識。

仕事が嫌な人と一緒に仕事をする場合、、、この「一緒に」というところがポイントなんだけど、こちらまで嫌な気分で仕事をしなければいけなくなる。

例えば、外部のチームなんかと折衝する場合、「仕事が嫌」というスタンスに与しなければ、対外折衝以前にチームとしてもまとまらなくなり、破綻する。

しかし、「仕事が嫌」というスタンスを受け入れた場合でも、本来行うべき仕事がないがしろにされる可能性が高いため、やはりいずれは破綻してしまう。


この問題を解決するためには、「仕事が嫌」な人を改心させるか、チームから外すしかない。

最悪のパターンは、「仕事が嫌」な人の権限・発言力が大きい場合で、そんな人と同じチームになったメンバーは最悪な気分で働かなければならず、その行き先は破綻しかない。

仕事において、権限・発言力がある人は周囲への影響を考えて振舞って欲しいものです。

| 仕事 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Mac mini購入から増設用メモリの選定まで
前回のエントリで書いたとおり、これからiPhoneアプリ開発をしようと企てております。

まず、iPhoneアプリの開発環境は、iPhone SDKで行わなければなりません。で、iPhone Dev Centerからダウンロードするわけですが、インストールできるPCに制限があります。

というのも、Intel Macでなければ、iPhone SDKをインストールすることができません。(一応、WindowsやLinuxでもiPhone SDKを使わずにiPhoneアプリ開発環境を構築できるようですが、かなり敷居が高いのでスルーします。僕としては本格的に開発したいので。。)

というわけで、まずはMac miniを購入しました。



Amazonでの価格は、Apple Storeで購入するのと大差無いですね。(ただ、価格ドットコムでは、1万円ほど安く売っている店舗がありましたので、そちらで購入した方が得ですね。。)

で、僕が購入したのは
・CPU 2GHz Intel Core 2 Duoの方(MB139J/A)
・メモリ1GB(増設なし)
・HDD 120GB
といった感じです。で、メモリが1GBでは少ないので、増設することにしました。

Apple Storeでメモリを増設する場合、1GB→2GBの増設で、プラス8610円になります。ですが、僕としては何とかこのMac miniの最大(認識するのは3GB)までメモリを搭載したい!と思ったので、2GBのメモリの2枚組のものを搭載することにしました。

それでメモリを探した結果、丁度良い感じのものが。BUFFALOのA2/N667-2GX2がMac miniでの動作確認がとれているようで。メーカーページで対応状況を書いてくれているとは、さすがです。

というわけで、メモリ2Gの2本セットを購入。



こちらは、Amazonでも十分安いですね。

これでMac miniが届いたら、既設のメモリと増設用に購入したメモリを取り替えるという流れです。続きは次回で。。


■追記
そうそう。忘れちゃいけないものが。

Mac miniは、ディスプレイケーブルは付属していません。なので、別途購入する必要があります。Mac miniのディスプレイ端子はDVIなので、DVIケーブルを購入することが望ましいです。一応、Mac miniにはDVI→VGA変換コネクタが付属していて、VGAでも接続できます。しかし、VGA接続の場合、解像度が1600×1200となってしまいます。

僕は、ディスプレイにW240Dを使用しているため、WUXGAの解像度(1920×1200)で使用したいのです。

しかし、W240DのDVI端子は元々持っているPCですでに使われているんですよね。というわけで、HDMI端子が空いていたので、そちらを使用することに。

そこで購入したのが、DVI⇔HDMIケーブル。



コイツが安くていいですね。(僕は、コイツを買ってしまったのですが。。高すぎる。。)

ともあれ、これでMac miniをWUXGAの解像度で表示させることができそうです。

| mac | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アプリ開発、はじめました (iPhone的な意味で)
とは言っても、これからの話。

先日、mac miniを購入したのだけど、僕は以前からiPhoneアプリに興味があったわけです。


ここで、ちょっと話が逸れます。

先日のエントリで書いたように、僕は会社を辞めて、IT業界からも足を洗います。まぁ、これが「会社を辞めてまでやりたいこと」の中のひとつなのですが、そのため「だけ」に辞めたわけではありません。

前の職場では、非常にストレスのかかる場所でした。仕事をしない同僚、しかし上司には媚を売って上手く取り入り、手柄だけは自分のものにするような奴が居たり。

その前の職場では恒常的な残業。ピーク時では200h/month程度の残業がありました。さらに悪いことに、仕事に集中できるならまだ良かったのですが、足の引っ張り合いや責任のなすりつけ合い、自分の作業以外に精神的に消耗する出来事が沢山ありました。もっとも、ブラック企業やデスマーチなど、「さらに劣悪な環境」はいくらでもあると思いますので、「僕だけが…」なんて言う気は毛頭ありません。

そんな状況で長らく働いていると、仕事以外で「何か」できる事なんて無いということに気づくんですよ。もしかすると、時間を上手くやりくりすると可能なのかもしれませんが、僕にはそんなキャパシティはありません。

それで、仕事以外にできる余力がない状況で、でも、肝心の仕事でやり甲斐や生き甲斐を見出そうとしても、足の引っ張り合いや他人を陥れようとするような社内政治、そこに参加しないと出世はないような環境だったり、だったら自身の技術を伸ばそうと研鑽を積もうにもストレスで消耗した精神や残業で削られた自分の時間という我が身の状況で研鑽を積めるほど僕はhigh specではない。


じゃあ一体どうするか?ということで僕は会社を辞めることを選択しました。ちなみに、次の職場はITとは全く関係無い仕事です。残業ともあまり縁の無さそうな雰囲気です。職場環境までは、まだわかりませんが。

でも、そうでもしないと「やりたいこと」ができないんです。本当に。


話を戻します…と思ったのだけど、もうちょっと続けます。

唐突ですが、僕の好きな漫画にめ組の大吾(リンク先Wikipedia)というものがあります。その最終巻で、五味消防局長という登場人物の所信表明が印象深かったので紹介します。
この度 新消防局長を拝命しました 五味俊介です。

エー、私は競馬が好きです。
たい焼きとか甘いものがスキです。

えーと、それからー


ミナサンの好きなものは何ですか?


”災害”に、エネルギーをすいとられる人生なんてまっぴらごめんだ。

住む人間が好きなことに情熱の全てをかたむけられる。
そんな千国市にしよう。

”めでたい”街に!!

俺も頑張る。

力を貸してくれ!!!

以上!

※特に印象に残った箇所を書体の変更しています


ややフランクな演説なのはさて置き、重要なのは「”災害”に、エネルギーをすいとられる人生なんてまっぴらごめんだ」と説いているところでしょう。

消防とIT関係の仕事は違いますが、通じるものはあるのではないでしょうか。

デスマーチ・上司との軋轢・足の引っ張り合い…災害ではありませんが、降り掛かる災難や人災に多大な労力をつぎ込まないといけない状況というのは、間違っていると思います。

そこでの選択肢は、諦めて受け入れるか、変えようとするか、去るか、しかありません。勝手に状況が好転することなんて無いでしょう。だから、去って、好きなことができる環境へと身を移すことにしました。



ここでようやく、話は戻ります。

職業PGを辞めるといっても、僕はプログラミング自体は好きなのです。で、それで「何でiPhoneアプリ?」となるのですが、まぁこれは正直、何でも良かったんです。Vectorや窓の杜にWindowsアプリを登録するのも、Flashアプリを作ってWebに公開するのも、何かしらWebサービス作って立ち上げるのでも良かった。でも、個人のリソースでできて、何かしら「新しいモノ」が無いか?と探したときに、ちょうどiPhoneがあった。

でも、世の中にどうやってリリースする?という問題がありましたが、これはApp Storeというものがあります。

App Storeは、個人や法人の開発者がiPhone用のアプリを登録することができ、なおかつApp Store経由でアプリを有料で販売することもできるのです。

ここで、iPhoneユーザと言えば、世界中に居るし、おそらく新しいモノ好きの先進的?なユーザが沢山居るでしょうから、面白い・便利なアプリを公開したとすると一気に大量のユーザを獲得する可能性だってあるわけです。(まぁ、「iPhoneドリーム」的な感じで実現性は…かもしれませんね)

と、ここまで書いて思ったのだけど、「アプリでひと山当てたい!」というよりは、「自分の好きなことを世の中に対して発信する」という事をやりたかったのかな、と思いました。

そんなわけで、これからmacやiPhoneの話題が増えると思いますので、これからもよろしくです。





| iPhone | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
個人的報告
久々のエントリですね。今日は個人的報告を。

えと、職業プログラマ&職業SE、辞めました。

いわゆる「足抜け」というやつでしょうか。


いろいろ理由が複合しての結論なのですが、要因として
プログラマのやる気を上げよ(スラッシュドット・ジャパン)の記事に対する、自分なりの回答が見つからなかったり、自分の会社人(≠社会人)としての可能性を見限ったり、プライベートな事情があったり、、、てな具合です。

また、「自分のやりたいこと」を実現するにあたって、退職するという選択肢がベストであると今の僕は判断しました。



とまぁ、そんな感じで、これから義務教育以来初の無職状態です。しばらくは、ゆっくり英気を養うかな。


気が向いたら、経緯だとか、これから僕がやりたい事について書くかもしれません。。

| 長期計画 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
地力の底上げ
仕事が忙しい。懸案事項を考えなければいけない。課題を片付けないといけない。

なので、本当に自分のやりたい事に注力できない。

誰が言ったか、「忙しい」の「忙」という字は「心を亡くす」と書く。


やりたい事ができない状態は心を亡くしているようなものだということなのか。

ふと思う。忙しくなければ心を取り戻せるのか。

ちょっと違うかな。時間はあまり問題じゃない。肝心なのは、脳のリソースを他の(やりたい)事に割くことができない状態が望ましくない状態だと思う。

脳のリソースを確保するために効果的な方法は無いか。

息を吸って吐くことのように、仕事ができること、課題や懸案事項を少ない脳のリソースで片付けることができること。それが効果的だと思うが、実際どうすれば良いか。

方法の一つとして、慣れ。ひたすら回数をこなして、考えなくても結果を出せるようにする。「この場合はこうなる」といったパターン(フレームワーク)をひたすら自分の中に蓄積する。

そしてもう一つの方法。自分の能力を上げる。知識だったり、処理能力だったり。そうすることで自分が受ける仕事の負担が減り、また仕事を早く終わらせることができるようになり、その結果、脳のリソースにゆとりができて、他の(例えば、自分がやりたいような)事を考えることができるようになる。


純粋に、目の前の仕事に脳のリソースが費やされている期間が長く続くと非常に危険。

長期的戦略や自己啓発にあてる自身のリソースが無ければ、自分の価値を戦略的に上げることはできない。逆に、無駄に歳を食う分、自身の市場価値は下がる。若さもまた価値なり。


まとまらないけど、寝る前にこんなことを考えてたのでエントリとして残しておく。。
| モブログ | 04:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |