RECOMMEND
目に見える議論
目に見える議論 (JUGEMレビュー »)
桑畑 幸博
これはスゴ本!議論においての「何が論点か」が的確なるので議論の終着点までブレなく到達できる!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

sugarstyle blog

外敵がいない生物は退化する
最近、色々と思うことがあったので自分の過去を振り返っている。その中で、ある程度形になったものを書いていこうと思うけど、別に楽しい話題でもないし、読んでも全然面白くないと思うので…それでも読んでいただける方はどうぞ。


中学生の頃まで、僕は勉強に励んでいた。週のうち6日間は、塾で毎日4時間以上勉強していた。おかげで当時の成績は学年でかなり上位の方だった。高校受験も成功し、第一志望に入る事ができた。

当時の僕の、勉強に対するモチベーションは何だっただろう。

ポジティブな理由もあったが、ネガティブな理由がほとんどだった。

嫌だった。地元の地域が。一刻も早く出て行きたかった。

体育用具室が放火されたり。
教師と殴り合いの喧嘩する生徒がいたり。
体育の授業中、思い切りバスケットボールを人にぶつけて、相手の肋骨を骨折させる奴がいたり。
竹ほうきを、柄の先端を人に向けて思い切り投げつける奴がいたり。
エアガンでベランダから通行人を狙い撃ちする奴がいたり。
原付で、ヘルメット無しで学校の周りを乗り回す奴がいたり。
マンションの高層階から、消火器、レンガ、三輪車、卵 が投げ落とされたり。
さらにはマンションの6階から人が投げ落とされたこともあった。(奇跡的に生存)
ホームレスに刺し殺された人もいた。

そんな地元が嫌だった。

親は「偏差値の高い学校へ行くなら」と、地元の公立高校とは違う学校を受験することを了承してくれた。

だから勉強していた。地元ではない学校に行くために。



高校では、確かにそんな腐った連中は居なかった。身の危険を感じることも無かった。

僕はそのままぬるま湯のような生活を続けていた。


気が付くと、僕は劣等生になっていた。


留年や退学さえ無ければ、このぬるま湯の環境を続けることができた。

僕は勉強する理由を無くしてしまった。


かつてペンギンは空を飛んだと言われている。何千年前か、何万年前か、もっと昔のことなのか。

今。ペンギンは空を飛べない。なぜなら、退化したから。

一旦成長したペンギンは、外敵と呼べる存在が居なかった。生き残るために空を飛んで逃げる必要がなかった。食料は歩行で確保できた。脂肪を蓄積し、効率よくエネルギーを使うことができた。

やがて、ペンギンは飛べなくなった。
| 思い言 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
追い込まないと物事ができない自分の性格
に困っています。大体、僕はものすごくいい加減な性格をしていて、何かをしようと思っても、「どうしてもやらなければならないような状況」でなければ、やらないor後回しにしてしまいます。

最近ではそんな自分の「追い込まないと物事ができない自分の性格」に慣れたためか、何かしようとする時は、「そうせざるを得ない状況」を作って自分を追い込んでから行動しています。

例えば、休みの日などに「天気のいい日は街中に繰り出してみるか」なんて思っても、自宅にこもっていたところで何も困ることはなく、結局その日は外出しなかったりします。で、その調子が続くと本物のヒキコモリみたいになってしまうので、そういう時は無理やりにでも妻、もしくは友人にアポをとって「この日は外で何かする」よう自分に強制します。

そうすると、人との約束があるわけで、約束をキャンセルするわけにもいかないので必然的に外出をする羽目になるわけです。まぁ外出するのが嫌なわけではないんですが。


けれどもそういう性格だと困ったことに、自分から何かをやろうと思っても、「別にやらなくても困らないからいいや」となってしまい、結局は何もしない人になってしまって、長期的に見るとものすごく困った状況になってしまうわけです。


僕自身、「瞬間的に」見れば、「やるかやらないか」の2択の判断を迫られた時は「やる」方を選択するのですが、それを普段から実践できるかというと、全然無理ぽなわけです。なので「継続は力なり」と言いますが、小さな事を普段から実践できる人を僕はものすごく尊敬しますし、きっとそういう人が成功するんだろうなぁ、なんて思っています。

僕は将来、何かしらの成功を収めたいと思っているのですが、そんな「追い込まないと物事ができない性格」だと一生成功を手にすることが無いのかもしれません。せっかくの人生なので、やはり何かしら成功を収めたいので、この自分の性格は直さないとダメなんだろうなー、と思っています。

もしくは、上手にコントロールしていくか、ですね。

ゆっくり考えようと思います。
| 思い言 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大切な文字を赤で印刷するのはやめて欲しいバトンを勝手に受けてみた
Life is beautifulの「大切な文字を赤で印刷するのはやめて欲しいバトン」
http://satoshi.blogs.com/life/2006/03/post.html
を勝手に受け取ってみた。あ、そこ、アクセス乞食とか言わないで。


これは駐車場の受付の張り紙です。僕は別に駐車場を使う用事は無いのだけど、なんとなく気になったのでアップしてみました。で、この写真だけど見方によっては赤い色が見えにくく、黒字の「他はダメです」しか見えないこともある。とすると、「え!?一体何の他がダメなんだ?」と思ってしまいますよね。


こちらはさらに離れた場所から撮影したのだけど、よりいっそうわかりづらいですね。「一体何なんだよ!?」って感じです。

かろうじて、赤字には黒い輪郭があるのでなんとか見える範囲ですが、もしこれで黒い輪郭が無ければかなり見づらいんじゃないのかな、なんて思います。
| 思い言 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
停滞中。
新年早々ですが…最近、「何かをやりたい」と思うことが少なくなりました。僕は本来ずぼらな性格なので、すぐに「生きていければいーじゃん」とか思ってしまう所があります。ものすごく不便なことが身に差し迫らなければ、行動を起こさないということもあって、まぁ他人がこれを見たら「なんてズボラな奴だ」なんて思うはずなのですが、実際その通りなのでsugarball本人が一番困っています。

別に行動し出すのが遅いといっても、仕事の上では「やるべき事を、やるべき時にやる」ようにしていれば大抵は困らないので、実際それほど問題に思っていないのですが、さすがに「このままじゃいかんなぁ」なんて事も思います。


「何かやりたい」と自分から思うことは、能動的であり、自分が意思を発するということです。ちょっと飛躍しますが、自分が生きている証明ということだと思います。で、それが無い、「特に何かやりたいわけでもない」という状態は、生きてるのか死んでるのか分からない状態なのかもしれません。Living Dead。

僕は今現在、天命を感じるほど「何かをやりたい」と思うことはなく、ただ日々を「ちょっぴりBetterな方向になるように」暮らしているだけです。ただ、「何かやりたい」というのは存在しなくても、「これはやりたくない」というような否定の願望は少しずつ増えています。

例えば、自分がプログラミングの技量が上がったとすれば、新卒でもできるようなコードばかり依頼されるのは苦痛でしかない…ことや、一応は納品されたシステムの保守としてのBugFixばかりが仕事になる…ちょっと話は逸れますが
ソフトウェアの完成度は、時間さえかければバグは減らしていける
なんて特性があるので、もうそんなものは誰でもできるし、そればかりやっていても自分にはなんのメリットもないわけです。

確かに、不具合を修正するスキルや、汚いコードを読み取る能力は多少伸びるかもしれませんが、そればかり行っていても、自分の市場価値は上がるどころか、「誰でもできる」ものなので、年齢だけが上がるだけで市場価値は下がっていく一方です。(※)

で、自分の市場価値を高めるスキルを身に付けようと仕事以外で何かしようとも、特に「スキルを使って何かしよう」とかも思わないので、きわめてモチベーションが低いです。なので、仕事で使わないようなスキルは身に付けることができません。

そうこうしていると「スキルが無いと将来困るぞ〜」なんて危機感が出てくるのですが、危機感だけで何かしようとも「そういうのはちょっと違うんだよな〜」なんて思っていて、そういう後ろ向きな理由でスキルを身に付ける気にもなれません。

だったら、前向きな理由を結びつけて「何かしよう(身に付けよう)」とすればいいのですが、冒頭の通り「何かをやりたい」と思うことが少なくなりました。

ただ、自分の中で「いつか、近いうちに何かやってやろう」という意気込みだけはあるのですが、それが一体何になるか、全く見当もついていない状態です。もうしばらくはアンテナを張りながら仕事に打ち込む状態が続きそうです。あと、「やりたいこと」が見つかったときのための準備とか。

上手く表現できませんでしたが、最近こんな感じでモヤモヤしています。

色んなものを見て、聞いて、色々刺激を受けるのがいいのかなー。。


※:こういう汚いコードを読み取る能力は、現場でしか身に付かないものなので、全く不要ってわけでもありません。むしろ、必要。
| 思い言 | 02:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新年になったけど、いろいろ考えることはあるぞ。。
遅ればせながら。新年あけましておめでとうございます。1ヶ月近くエントリしてませんでした。年末年始にハマりこむ物があったのもありますが、僕自身、考えることがいろいろありまして。

新年、となれば今年一年の抱負を考えたりします。僕も今年一年、どう生きようかなー、なんて考えて、でももう26なんだしそろそろ30なったらどうするか、40になったらどうするか、なんえ考えださないといけなくなってきます。本人(僕)が望まなくても、妻と娘を持つ以上、必然的に考えないといけないわけで、家族に納得のいく形で方針を決めないといけなくなってくるわけです。

もしこれが入社一年目、二年目という時期であれば僕は自分のことだけ考えて「スーパーSE(or PG or PM)になるぞ!」と言っておけばいいだけだったのですが、そうは問屋が卸しません。ましてや、「オブジェクト指向をマスターするぞ!」とか「スクリプト言語を何か一つマスターするぞ!」なんて言ってると妻に真顔で「はぁ?」と言われるわけです。


まぁ結婚した以上、配偶者や家庭の将来をきちんと考えておく必要があるのは当たり前なのかもしれませんが、やはりこのご時世、いつ勤務先が倒産したり、トラブルで退職せざるを得なくなるかもしれないわけです。(当面、その心配はないと思いますが)

僕が働いている会社は、創立10年と経っていないまだ新しい部類の会社で、まだ会社として成熟していない故もあって、「自分があと何年働いたらこれだけの収入が得られる」なんてことは全然分かりません。せいぜい、向こう2、3年の予測をつけることができる程度でしょう。大きくジャンプアップするかもしれないし、現状維持、もしくはダウンするかも…まぁ会社の業績にほとんど依存するわけですが。悲観的な見方をすれば、あと5年くらいは今と大差ない収入が続くんじゃないかなー、なんて考えてもしまいます。


で、幸か不幸か、僕自身、上に書いたように「あと5年くらいは今と大差ない収入が続くんじゃないかなー」という不吉な予測が立ってしまっているわけです。これは非常に困ります。30歳そこらで年収××円ってものかなり困りもので、とても将来設計なんてあったもんじゃない。ですが、問題は露見している。

何が言いたいかというと、問題なんてものはバグと一緒で、発見するまでが一番難しいものです。一旦発見した以上、あとは獲物を狩るようにだんだん追い詰めて、最後にしとめるだけ…なんだと僕は思っています。ごく稀に逃げられることもありますが。予測できていないものには対応のしようがありませんが、現にそうなる可能性が高いとの予測が立っています。


問題はわかっていて、
「あと5年くらいは今と大差ない収入が続くんじゃないかなー」
なんて予測が立っている。

この状態から、
「少なくとも将来設計がある程度立てれるくらいの収入を得ることができるようにする」
ようにすればいいわけです。要は年収アップが今年度の抱負でして。まぁこういう年収に関する目標は、他人が評価を下して裁定している以上、自分一人が頑張っても直結して収入が増えるというシロモノでもありません。ですが、僕の会社は社員数が50名以下という小規模の企業なので、大所帯の企業に比べれば僕一人が会社に与える影響というものも大きいはずです。また、会社というものは組織であり、仕事はチームプレーである以上、一人ひとりが個人で行うよりも大きい成果を上げることができるはずです。言い古された言い方だと、1たす1は3にも4にもなる、みたいな。

とにかく、やろうと思ってできないことはない。なせば成る。と思って年収アップに励みたいと思います。



まぁこんなことを言うのも、年収がある程度安定したものでないと、もし自分の本当にやりたいことが見つかったときに、「○○がしたい!」なんて言い出せないんですよ。それが挑戦的な目標であればあるほど。

そういう時のために、「俺は○○に挑戦しても、きちんと家庭を維持できる!だから○○に挑戦する!」と言えるようにしたいわけです。

昔のメロドラマみたいな、「男が何かをやると決めたら、女房子供は黙ってそれに従うもんだ」なんてものは誰もついて来やしません。なので。仕事をするなら、情熱を持って、一生をかけて打ち込めるような仕事をしたいものです。言い方はクサいですが、天命を感じれるような。そんな仕事に携われる転機が来たとき、そこの方向転換できるように


まずは年収アップ!としたいです。


まぁ、一番の問題は本当に情熱を持って一生をかけて打ち込めるような仕事が見つかるかどうか、だったりする気がします。普段の仕事を誠実にやってればいつかチャンスは来るんじゃないかなー、とも思ってますが。
| 思い言 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
のまネコ問題、これにて(取り上げるのを)終了。。
まだまだ「のまネコ問題」、動きがあるようです。エ○ベックス社長が謝罪した件について、ウマい事言ってるエントリがありましたので、こちらをどうぞ。
http://d.hatena.ne.jp/starocker/20051007/p1


それからそれから。。sugarstyle blogでは、過去3回にわたって「のまネコ問題」を取り扱ってきました。
http://blog.sugarstyle.net/?eid=110502
http://blog.sugarstyle.net/?eid=114778
http://blog.sugarstyle.net/?eid=143260
まだ4回目のエントリですが、今回をもって「のまネコ問題」の取り扱いを終了します。

まぁ、何でかと言われましたら、これ以上この件を扱うと「ただのインターネットニュースブログ」になってしまうからです。せっかくWebに向けて自分の意見を発信できるというのに、特別な個性も無く居酒屋の雑談程度の文章でブログを埋めてしまうのはもったいない、と感じました。ただ、この「のまネコ問題」を扱っている間、少しばかりアクセスが増えたというメリットもありましたが。

しかしこんなエントリを続けると、結局どこのWebサイトに行っても見られるような、Webサイトとしての重要度が「存在してもしなくても同じ」になってしまうと感じました。実際、この時期にのまネコ問題を取り扱ったサイトは数え切れないほどあるでしょうし。


それで、結局のところ僕は何を発信したいかと言えば、それは僕自身にしかできないもの…僕の経験や感性を背景にした、僕の脳からひねりだした文章を発信したいわけです。それは個性やアイデンティティーなんて小難しい問題でなくて、僕が文章をエントリとしてアウトプットすること。ただそれだけ。
| 思い言 | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
エ○ベックス、汚ねぇ!(のまネコ問題)
先日とりあげた、のまネコ問題についての続報です。


あれから某巨大掲示板サイトの管理人がエ○ベックスに対して公開質問状を提出しました。
公開質問状のURL: http://www.2ch.net/nomatako/

まぁ何と言うか、、、激しく挑戦的な質問状です。


で、質問状の回答期限あたりに、エ○ベックスがのまネコに対する考え方、みたいな文書をWebに公開しました。
それが、こちら。: http://ecweb1.avexnet.or.jp/sa4web/050930info.htm

何?この口語体の文章は?…ホントに「企業として公開しているドキュメント」なのか? ってのが正直な感想です。しかも○人予告って…


まぁ、ともあれ、エ○ベックスが言うように
しかし、このことが原因で今回の混乱を招いた以上、直ちにマイアヒ・フラッシュの提供を中止し、「のまネコ」の図形商標の登録出願も取り下げることで、皆さんに安心していただこうと決心した次第です。
のまネコの図形商標の登録を取り下げたことで一件落着…になるはずでした


なぜ「なるはずでした」と書いたのか。こちらのサイトをご覧ください。
http://unlimi.net/archives/50307965.html

エ○ベックスが取り下げたのがこちらの商標。
クリックで拡大

しかし、本当に取り下げるべきなのはこちら。
クリックで拡大


…『「のまネコ」と書いた文字の図』の商標を取り下げたのであって、いわゆる「のまネコの絵」の商標は取り下げていない!!

一見、謝罪をしたように見せかけて…実際には何も譲歩していない。

こんな詐欺師まがいの事を行う企業だったとは思いませんでした。コンプライアンス・ポリシーとして(こちらのエントリ参照)
● インチキするな。
  1. 公正、透明、自由な企業間競争を行う。
  …
  …

● ウソつくな。
  1. 企業情報を的確に開示する。
     ・ウソやごまかしの報告や伝達をしない。
     ・お客様、お取引先、株主、投資家等のステークホルダーに対し適宜適切に企業情報を開示する。
  …
とあるのですが…タチの悪いブラックジョークか何かでしょうか?

このような信義に反する事を平気で行う企業に将来は…。
追記:
エ○ベックスの社長に質問した一般の方がとんでもない目にあっているようです。
http://spaces.msn.com/members/yuttiy/Blog/cns!1pR6Whc26ahiOdEGcfExWR5A!506.entry


僕はこれまで、エ○ベックスの一連の不手際は、「社長のコンプライアンスを曲解した連中が行っているもの」と、わずかではありますが信じていました。しかし、僕はもうエ○ベックスという企業に対して「まっとうな企業」というイメージを持てそうにありません。


さらに追記:
赤ペン先生
http://byonabi.haru.gs/main/html/bkn_85063.html
笑った。
| 思い言 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
目標を達成するという覚悟
相変わらず、最近忙しいsugarballです。というか、時間が足りないです。明らかに見積もった作業量に対して、納期までの期間が短すぎる。。その結果、残業残業残業…まぁこれで納期に間に合うんだったら、想定した作業量通りの進み方をしているのでデスマーチなどではない、というのは内緒の話。


で、今回は目標達成のお話です。
こちらのエントリ
http://satoshi.blogs.com/life/2005/09/post_1.html
にて、マイクロソフトのマネジメントに関する話をされています。

実はマイクロソフトの会長ビル・ゲイツは目標達成のための強烈な遂行の意志を持っていて、責任ある立場の人間に非常に強いコミットメント(commitment:約束、責務、責任…)が求められます。

一旦、指令を与えられた人間は、それを何としてでも結果を残す。そして言い訳はしない、という姿勢には感銘を受けました。


システム開発に従事する者の指令(目標)としては、システムを完成させることでしょう。そして、僕(プログラマ)の周囲でこれを適用するなら、以下のようになるのでしょうか。
>SEが仕様を出さない
  →SEの首を絞めてでも仕様を出させる…でなくて、そのSEに権力を行使できる立場の人に働きかける(本当に絞めたら駄目ですが、仕様が決まらないことにはプログラムも組めませんし、システムは作れません)
>どう見積もっても時間が(人が)足りない
  →納期の延長、新たな人員を投入するよう要請する。が「金が無いから無理」と言われるはずなので、現実的には機能の削減、運用開始直後は使わない機能のリリースを遅らせてもらうよう交渉する
うーん、僕が書くとなんだか普通の事だ。

ただ言えるのは、目標達成の意識の薄い人間は、ちょっとした困難や問題に突き当たってしまうと「○○だから(できない理由)できません」となる。しかし、目的達成のために強い意志を持って臨む人間は例えそれが一見解決不可能に見える問題に対してもなんとかして目標を達成しようとするでしょう。ナポレオンが「我輩の辞書に不可能の文字は無い」と言ったように。




※というか、Satoshi Nakajimaさん(引用元のエントリのブログの作者さん)、文章書くの上手いな…。僕はまだまだひよっ子のようです。

ところで、引用元でも取り上げられていたのがこちらの書籍です。僕も読んでみようと思います。
| 思い言 | 02:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Opera無料になっちゃったよ
忙しい。

どれくらい忙しいかというと、はてなのCEO 梅田望夫氏ならば「10日間くらい更新をお休みします」と言うかもしれないくらいの忙しさです。いや、梅田氏の方が数倍の仕事量をこなしてるかもしれませんが。

とまぁあんまり長い間更新が滞るのもアレなんで、他愛の無いエントリでもしてみる。 …とか言ってる時点でBlogを書くという行為が自発的なものから遠ざかって、あまりよろしくない感じに…いや、だめだ。僕は書きたいからブログを書いているのだ。「書かなきゃ」と思っているわけではない。「書きたい」んだ。


で、本題。以前のエントリで書いたように、Operaの10周年記念パーティにより、1日限定で無料ダウンロードが催されました。僕もダウンロードしたクチなのですが、どうやらOperaは今後、完全に無料へと移行する模様です。

関連記事
ITmediaニュース
Opera オフィシャルサイト


Operaの収益はライセンス料と広告料などから得ているそうですが、無料化=ライセンス料なし となってしまえばOperaの収益は減ってしまい、Opera自体が廃れていく…なんて思っていました。

「収益の大部分を切り捨てるようなマネをしてどうするのだろう?」

と。


で、その回答がこちら。

INTERNET Watchの記事

Operaの以前の収益は、
2005年上半期のOperaの売上の内訳を見ると、30%がバナー広告による売上、25%がライセンス料収入、45%がGoogleに対するトラフィックの誘導と他の提携パートナーからの収入となっている。
となっています。

つまり、
今回のバナー広告除去とライセンス料無料化によってOpera Softwareは短期的に売上の55%を失うことになる。
こんな行為に及んだのも
しかし同社ではブラウザを無料化することによってOperaの市場シェアを拡大し、結果としてGoogleに誘導するトラフィックを増加。Googleからの収入を増やし、ユーザーあたりの売上を増加させる戦略だ。
という戦略があってのこと。うーん、さすがにタダでお金を捨てるようなマネはしないか。僕も無料ダウンロードの歳にダウンロードしたクチなので、まんまと乗せられたっ、という感じです。

一昔前ならこんな大胆な方向転換はあまり見られなかったのですが、現在はドラスティックな改革が頻繁に見られることでしょう。(これというのもGoogleという超強力な企業の影響力が背景にあってのことです)

というわけで、大胆な方向転換をしたOperaに乾杯!
| 思い言 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
効果のほどは。
今回は政治の話です。

(今更ですが)選挙が終わりました。

結果は自民党の圧勝で、今後は郵政民営化が進んでいくでしょう。


それで思ったのですが、選挙の前と後で郵政族議員はどれほど淘汰されたのでしょうか。

元々、郵政民営化の案に賛成だった人はそのまま自民党の公認であるとして、党の公認を外れた人なんてそんなに居なかったはず。てことは自民内に造反組(郵政反対派)はそれほど居なかった?

まぁ、自民が大半の議席を獲得した分、他党(郵政賛成派、反対派の両方が混在する)の議席が減ったことで、結果として郵政賛成派の議員が大半を占めるようになったということでいいのでしょうか。結果オーライ?
| 思い言 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |