RECOMMEND
目に見える議論
目に見える議論 (JUGEMレビュー »)
桑畑 幸博
これはスゴ本!議論においての「何が論点か」が的確なるので議論の終着点までブレなく到達できる!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

sugarstyle blog

ラクをしないと成果は出ない


書店で何気なく手にとって、目次を読んだ瞬間、「これは絶対に僕にとって必要な本だ」と直感しました。即、購入しました。

なぜ僕にとって必要だったのか?特に僕を引き付けた目次の項目を紹介します。
第4章 撃退編
31 締切日に納品しても、返信がないような会社とは仕事をしない
32 依頼には即決で答える
33 愉しめない喧嘩は避ける
34 自爆しない
35 NGな人には説明しない。NGな人とはモメない
36 クレームは、成長に不可欠なもの(一割)と、無駄(九割)に分かれる
37 できるだけ葬式には行かない努力を
38 三日かかることは一日でやる
39 「苦手なこと」は人の手を借りて解決する
40 NG上司に煩わされない
(強調は僕の判断です)

この目次を見ただけで、ヤバい!と思いました。何故かというと、普通のビジネス書ならば「相手」にはあまり言及されずに、「いかに自分が伸びるか」といった視点で書かれているものがほとんどです。(相手自身が変わることを期待せずに、自分自身が変わることで状況を良くするといった視点ですね)でも、これだけでは上手くいかない時がある。ビジネスマンとして生きていくうえで、どうしようもないような嫌な人間と仕事上関わる必要がある時があります。

本書では、それを「NGな人(or NG上司)」という表現をしていて、それを撃退(とまでは言いすぎかも)する術にまで言及しています。なので、それらの数ページだけの本だったとしても、僕にとって価値のある本なのです。



ところで、本書以外にもそういったNGな人への対応を書いてはいるものの、大失敗している書籍を紹介します。。これは反面教師。。

アタマにくる一言へのとっさの対応術
上手な話題のかえ方
基本方針→相手の攻撃に答えず、まったく別の話題を切り出す。

攻撃側「なにまぬけなことを考えてるの! もう少しましな頭だと思ってたのに」
あなた「今ちょうど話題にしていたんですけど、脂肪分の少ない生チーズって好きですか? 私はだめ。それだったらぴりっと辛味のきいた硬いチーズのほうがいいですよ。とくに…」

…これは読者を馬鹿にしているのでしょうか。そんな切り返し方が通用するような馬鹿な相手だったら、そんなに悩みませんて。大体、そんな切り返しをしたら「おまえ、馬鹿にしてんの?」とか言われて追い詰められるのが関の山です。この「アタマにくる…」の書籍の内容はずっとこの調子なので、正直なところ全く役に立ちません。この書籍が50万部突破して文庫化した事が僕には不思議でなりません。。


閑話休題。「ラクをしないと成果は出ない」ですが、冒頭で紹介した撃退編以外にも、なるほどと思えるTipsが満載です。オススメ。
| 書籍 | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あなたの職場のイヤな奴
あなたの職場のイヤな奴の書評を書いていましたが、こちらに移動しました。
| 書籍 | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ブクログ始めました。
twitterreponさんをフォローしてたら「ブクログ」というのが面白そうなのに気づいた。

で、ブクログに登録してみました


ブクログは無料のサービスで、自分のAmazonアソシエイトIDを登録できるので、これは割りと良いサービスかな、と思います。さすがにサイドバーの内容はブクログの中の人のアソシエイトIDみたいですが。


SEO的にはブログに書評を書いた方が良いのだけど、どっちで書評を書いた方がいいかなぁ。とりあえず、持ってる本を登録はしとくか。。


追記:
ブクログでとりあえず50冊登録してみた!
| 書籍 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「タカシの外資系物語」が書籍化されてる!


えと、エントリのタイトルのとおりですね。

僕のブログ等の巡回先に「タカシの外資系物語」があるのですが、どうやら書籍化されるようです。

多分この「タカシの外資系物語」のタカシさん、かなり優秀な人だと思うんですよね。というのがこの人のブログを巡回してる理由でして。


とまぁ、半分以上が書き下ろしとのことなので、購入決定なのです。

読了したら書評を書きまっす。(実現率x%)


追記:
この書籍、2006年1月に書籍化されてたんですね。今更、という情報でした。。
| 書籍 | 03:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
買った本(2008年4月版)
4月はちょいちょい本を買いました。近いうち書評を書くという予告を兼ねて(ホントかよ?)、ちょいとご紹介。


- 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか
前作「若者はなぜ3年で辞めるのか?」の続編ですね。今回は、3年で辞める(≒アウトロー的な生き方を選ぶ)場合、どう生きればいいのか、という解みたいなものが内容です。結構面白い。

- 課長の教科書
超人マッチョなアルファブロガーな方が紹介していた一冊。言うまでも無く良書です。僕がこの本で良い事言った!的なものを紹介するならば
部下が会社を辞めていくとき、それはまさに課長が部下からクビを宣告されたようなものなのです。
おぉ。わかってらっしゃる。

- アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣
スゴ本さんとこ経由。まだ読んでないけど、良さげな本。
「システム開発に関わる人はみんな読めー」
らしいです。

- BEST SOFTWARE WRITING
以前、僕が選んだ2006年のスゴ本で、Joel氏が書いたJoel on Softwareを紹介したのですが、今回はそのJoel氏が選ぶ、ソフトウェアに関する良い読み物をチョイスしたものの集まりです。なので、Joel氏が全編を書き上げたわけでなく、他の著者たちの読み物がメインとなります。しかし、これまたかなり面白そうな感じです。

- オブジェクト指向入門 第2版 原則・コンセプト
今更ながら。オブジェクト指向の基礎というか根本というか。友人がレビューしているとおり、
入門書とは到底思えません(笑)
いや、まったく(笑)。全900ページほどのページ数は圧倒されまくりです。積読にならなければいいが…



番外:

上の「夢をかなえるゾウ」を、職場の女の子に借りて読んでみた。それなんてフラ(ry は置いといて、割と面白かったです。ドラマ化もするようなので、ちょっと観てみようと思います。
| 書籍 | 23:55 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
sugarballの書評リスト
このページは、僕が書評や感想を書いた書籍の一覧を表示しています。購入の参考にどうぞ。

(随時更新予定です。2008年8月8日更新)

■2008年レビュー
- ラクをしないと成果は出ない
- クビキリサイクル(別ブログ)
- あなたの職場のイヤな奴(別ブログ)
- タカシの外資系物語
- ハワード・ゴールドマンのすごい考え方(別ブログ)

■2007年レビュー
- こんな僕でも社長になれた
- 3分間 ネットワーク基礎講座

■2006年レビュー
- あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール
- その無意識の習慣が部下とあなたをダメにする
- それは「情報」ではない。(別ブログ)
- 寝るだけで夢がかなう仕事術
- U−31(別ブログ)

■2005年レビュー
- 「嫌われる奴」ほど仕事ができる(別ブログ)
- チーズはどこへ消えた?(別ブログ)
- (別ブログ)
- ハッカーと画家
- C言語ポインタ完全制覇

■2004年レビュー
- Java謎+落とし穴徹底解明標準プログラマーズライブラリ(別ブログ)
- メンタル・タフネス(別ブログ)
| 書籍 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ハワード・ゴールドマンのすごい考え方(の跡地)
すごい考え方の書評を書いていましたが、こちらに移動しました。
| 書籍 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
たまには
ここんとこ、暗い話題ばかりだったのでたまにはフツーの話題を。

最近は身の回りの出来事をなんとかやりすごすのに忙殺されていて、本を買おうとする気すら起こらなかったのだけど、久々に本屋に行くと、並べられている本のラインナップがかなり変わっているので新鮮な気分になった。

そんなわけでこれまた久々に本を買ってみたので、チラっと紹介してみる。


− 問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
いわゆる問題解決な本。結構評判が良いので買ってみた。

− 世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
僕は多分、上の「問題解決プロフェッショナル」だけではモノにできないだろうから、まずは簡単に理解できそうな本も一緒にチョイス。ちょっと読んでみた限り、非常にわかりやすいです。13歳からの論理ノートに負けないレベルのわかりやすさです。13歳からの〜の書評はこちらにちょびっとあります。

− 決定版 仕事は楽しいかね? 会社の宝になる方法
ちょっと仕事へのモチベーションが落ちてきたので。

− この「聞く技術」で道は開ける 一番いい考えを引き出すノウハウ
仕事上のやりとりで微妙に困ることがあるので。でもまだ全然読んでません。

− 図解 コレならできるクリティカルチェーン―もう、プロジェクトは遅れない!
プロジェクトをいかに納期に間に合わせるか。プロジェクトに限った話でなく、普段の仕事にあてはめても考えられる。入門レベルの内容だと思うけど、かなりわかりやすいです。即効性もあります。

− トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!
僕が仕事・技術で一目置いている人が読んでいた本。実は、この本を読んでると血がたぎるというか、ものすごくやる気が沸いてくる。

「やる気」って何かって?仕事への義務感じゃないよ。情熱だよ。

仕事へのモチベーションへの影響という点では、上で紹介した仕事は楽しいかね?よりもはるかに良いかと。
実はすでに2巻3巻も購入済みだったりします。オススメ。



そういや最近、技術関係の本を買っていないなぁ。僕も一応技術者である以上、常に研鑽は積まないといけないのだけど。。。
| 書籍 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
こんぼく
http://daiskip.com/経由。2月26日に書籍「こんな僕でも社長になれた」が発売されるようですね。特設サイトはコチラ。
http://www.paperboy.co.jp/konboku/

で、これは何の物語かというと、家入一真氏の半生をつづった物語だそうです。家入一真氏といえば、ロリポップを運営する株式会社paperboy&co.の代表取締役です。

とってもエラい人なんだ、と思いきや家入氏は28歳。若い…

ともあれ、買ってみようと思います。

てかてか、僕がやりたかった仕事ってこういう会社で働くことなのかな…とか思ってきた。
| 書籍 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スゴ本2006 by sugarball
というわけで。予告どおり?当ブログ sugarstyle blog 管理人が選ぶ、2006年のスゴ本(=すごい本)を紹介しようと思います。一応、他のサイトで数多く紹介されてたりするのをできるだけ除外したつもり。。あと、「2006」なのはsugarballが購入した年のことです。。


- あたりまえだけどなかなかできない説明のルール
まず1発目。これは非常に役立ちます。ビジネスパーソンならば職種に関わらず、相手に何かを伝える必要があります。自分の業務内容とか、システムの仕様とか、報告だとか。人に何かを伝えようとする行為には、「自分が認識している前提条件」を相手に認識してもらった上で情報を伝えなければいけない。そういった伝えようとする行為(=説明)のルールを紹介しています。そのルールの一つひとつに納得のいく根拠が述べられています。

こういう自己啓発の本を1発目に持ってくるのには少し躊躇しましたが、やはり自信を持ってオススメできます。レビューはこちらでもしています。


- 「わたしと仕事、どっちが大事?」はなぜ間違いか
本書のように、理不尽な理屈を問いかけられた場合の切り返しかたが書かれています。えと、そんな理不尽な事を言う職場の上司や顧客が居ます。本書は、そういった輩と戦うための武器になります。間違いなく。まだ僕はこの武器を使いこなせていませんが、2回、3回と読み返して職場という魔窟(言いすぎか)で戦うための武器としたいです。


- Joel on Software
本書の著者、Joel SpolskyはマイクロソフトのExcelの設計、開発をした人物です。プログラマからマネージャまで、システム/ソフトウェア開発に関わる人たちにオススメできる一冊です。

本書で紹介されているもので、「Joel Test」がおそらく有名だと思います。こちらのリンク先から、試し読みさながら、ある程度の邦訳は読めるのでどうぞ。ここでJoel Testの項目は、
1.ソース管理してる?
2.ワンステップでビルドできる?
3.デイリービルドしてる?
4.バグデータベースはある?
5.新しいコードを書く前にバグを直している?
6.アップデートされているスケジュールがある?
7.仕様書はある?
8.プログラマは静かな環境で作業している?
9.手に入る最高のツールを使っている?
10.テスタはいる?
11.採用面接のときにコードを書かせている?
12.ユーザビリティテストはしている?
となっています。これらの項目に該当するほど、健全な開発が行われているという指標です。みなさんの開発現場もチェックしてみてはどうでしょうか。

もちろん、本書の内容はJoel Testだけではなく、他にも質の高い記述が散りばめられています。オススメ。


- 神との対話
発売当初はいろいろ話題になったらしい(僕は知らなかったが)。タイトルに「神」とあって、宗教的な話かと思ってしまうが、実は全く逆。むしろ神など居ないのではないかと間接的に受け取れるかもしれない。僕自身としては、いろんなことを受け入れることができるようになった一冊です。ちなみに、(2)巻(3)巻までのシリーズです。


- 富の未来
最後に、富の未来をご紹介。これは、僕が書店にブルー・オーシャン戦略を買いに行ったけど、見つからなかったので代わりに購入した本です。経済とか世の中の未来を想像するのに興味深い話が書いてあります。かなりオススメです。


かなり駆け足だったけど何とか予告に間に合った…。予告なんてするもんじゃないねw

さて、僕は年末年始は大量の積読を消化しようと思います。みなさんも、読書に耽る年末年始というのもいかがでしょうか。
| 書籍 | 23:53 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |